地方や中小企業が“人手不足時代”を生き抜くには?

地方や中小企業の働き方改革

働き方改革推進法により2019年4月から時間外労働の上限規制や年次有給の確実な取得化など働き方改革を推進するため施行されています。

 

“働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを

増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。”

引用:http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/hatarakikata.html

 

人口減少による労働力不足やなかなか改善されない長時間労働、それに起因する生産性の低下などを見直し、個々の働き方を多様化していく必要があります。

 

しかし大手企業に比べ、中小企業は絶対的な人手不足。

「定時退社、残業削減!」といっても限られた人員、時間では仕事がまわらない…というのが現実だと思います。

会社で終わらなかった仕事を自宅に持ち帰ったり、仕事場以外でやらなければならなくなったりとそのしわ寄せ

がきてしまっては本末転倒です。さらに人出不足で人を確保するにも一苦労…。

具体的な施策なしではすぐに行き詰ってしまいます。

 

働き方改革には“見える化”が必要

 

働き方改革を推進するにあたって企業ができる施策は様々です。

会社に出勤せず自宅で仕事を行う「テレワーク」や始業・終業時間を自由に選択できる「フレックスタイム制」を取り入れている企業もいます。

介護や育児中の人が柔軟に働ける環境づくりをすることもこれから必須になってくるかもしれません。

働き方改革には社員の意識改善や業務改善が必要となってきますが、それらを取りまとめるツールが重要になってきます。

 

今どの社員がどの案件でどのような動きをしているのかを“見える化”する、またそれを社員に共有しコミュニケーションをとっていくことで

業務の流れがスムーズに進みます。

 

ITツール導入には特別な技能を持ったシステム担当者が必要では?と思われる方もいらっしゃいますが、誰でも簡単に操作でき、自社に合うものを

選択しカスタムできるITツールも増えてきています。

 

“働き方改革への第一歩”としてITツールの導入を考えてみられてはいかがでしょうか。

 

___________________________________________________________________________________________

取り扱いITツール:kintone(キントーン)

文宣ラボではお客様の課題抽出から導入、アフターサービスまで一貫しサポートさせていただきます。
その課題を解決するための最適なツールをご提案させていただきます。
ご興味のある方は担当者がヒアリングに伺いますのでお気軽にお問合せください!
_____________________________________________

【お問合せ】
株式会社文宣ラボ
TEL:0985‐25‐3228
FAX:0985‐28‐0606
HPよりお問合せの方はこちらから⇒https://www.bunsen-lab.com/contact/
WEB:https://www.bunsen-lab.com

© 2019 BUNSEN Lab